スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「繊細で敏感な女神たちへ」の感想
先日は本を送っていただき、どうもありがとうございます。
「繊細で敏感な女神たちへ」拝読させていただきました。

今までわからなかった事、
ネットで調べても詳しく載っていなかった事柄など、
特にインディゴチルドレンの分類の細かさに関して
これ以上の資料は見たことがありませんでした。
自分には複数の特徴が当てはまる感じがして、
興味深く一気に読み進めました。

今までも自分についていろんな手段で追求してきましたが、
この本に書かれていた事によって、
自分も生きていることの意味が何かしらあるんだろうと、嬉しい思いです。

私も、子供の頃から、変な言い方ですが、
自分じゃない誰かになりたくて、仕方ありませんでした。
自分がよく分からず、他から受け入れられて自然体で過ごしている人の
振る舞いを真似し、持ってるものを真似していました。

でも、さまにならないというか、自分がやっても自分のものにならない。
自分の居場所が無い。という気持ちに、いつも駆られてきました。
人と群れているのは本当は苦手でしたが、
学校生活を送るに当たって、孤立しているのも恥ずかしいのです。
でも、学校に行かないという選択肢もなく、居場所がありませんでした。

宗教なども調べてみました。
それなりに分かったこともありましたが、それによってますます
自分を否定しなくてはいけない心境になることもありました。

その後、いろいろなセミナーに参加したり、
スピリチュアルな要素のある心理学によって
だいぶ自分のものの見方が偏っていたことがわかりました。
つまり、幸せの概念が人によって違った。
みんなが良いと思っているものが
自分にとってもいいとは限らない。というところです。
このことに気づいたのはついこの頃です。

気づいてしまった事で、大幅に人生の方向性を変えなければならず
付き合っていた周りの人もほとんどいなくなってしまいました。
そこまでして、と、ほとんどの人から言われるようなことなのですが、
本心が、前の環境にいる事を許してくれない感じでした。

そういうことを学んでいる過程で、吉野様のブログに偶然(?)出会い、
インディゴチルドレンの存在などは他でも知っていましたが、それよりも
とても詳しく興味深かったので、本を求めるに至りました。

自分がエンパスとかインディゴなどの細かい分類になるのかわかりませんが
他にも変わった(と言っては失礼なのでしょうか)方がいらっしゃるようで
安心しました。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とても丁寧な感想をいただき、ありがとうございました。
書く際に、こんなことを書いてもいいのだろうか
などと迷いながら書いていましたので
他の方の感想でもそうですが
そんな風に感じていただいて、とてもうれしいです。

これまでのことなどは、私もほぼ全く同じです。
セッションでお聞きする他の方も、同じです。

これまでインディゴチルドレンやエンパスの方と接してきて
同じだという感覚は何度も味わってきましたが
今回本を出版して、感想をいただき、その思いがますます強くなりました。

この本に書いていることは、私自身のこれまでの人生で体験してきたことと
たくさんのクライアントさんたちから得たものの集大成ともいえるもので
それがこれから出会う方々の参考になるということに
喜びを感じています。

またこれからも探究していきたいと思いますので
ブログなどまたお読みいただけましたら幸いです。
スポンサーサイト
【2016/01/27 18:45】 | 本の感想
「繊細で敏感な女神たちへ」の感想
新刊の感想を送らせて頂きます。

とても細かい説明と表現をされていて、
チャネリング講座でお話しを頂いているところを思いだしながら
読ませて頂いた箇所が多々ありました。
再確認のように自分のまた深いところに入っていきました。

地球の浄化では特に集合意識の男性性の影響が自分にまだあるのかなと感じます。
自分の女性性が少し受け入れが弱いかと感じました。

支配、被支配をやめるでは、以前働いていた会社での直属の上司から
とても不快に感じていたのは、上下関係、支配されるということ。
わたしは、支配される、支配することは繰り返したくない、辞めたいと
感じていたのではないかと読みながら感じました。

本を読ませて頂きながら、自分に問いかけ
ひとつひとつワークをしていた感覚で読ませて頂きました!

インディゴチルドレンのタイプでは
・反発タイプ
・光の戦士タイプ
・スターピープルの特殊タイプ
・救世ソウル
が自分に当てはまるかなと思います。

インディゴとして、
女神として輝いて生きるためにどう生きていくかを
わかりやすく書いて頂いているので
そこに向かって楽しんで進んでいきたいと思います‼

出番が来るまでただ生きていたらいい。
というフレーズにとても癒されました。
6、7年前、わたしはトンネル真っ只中でいた時期で、
悩んでいた時期のこと、とても癒されました!
ありがとうございます(*^^*)

とにかくわたしのバイブルとして、わたしの取り扱い説明書として(笑
また繰り返し、都度 読み返して行きたいと思います。
すぐ読みたいところがみれるようにインデックスをつけました!

この新刊が必要な方に届きますようにと、とても感じました。
腑に落ちるでしょうね。

7章と8章には、読みいってしまいました。
特に巫女さんに関する過去世。
何かすいこまれる感覚、身近に感じる何かを感じました。
また、色々と分かっていくのかな?と。

読み終えて、なんだかこの先がとても楽しみな感覚、
さぁこれからだ〜と いう感覚を感じました!

新刊、早く送って頂いてありがとうございました。
これからが楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感想をいただきありがとうございます。
チャネリング講座で深く学んでいただいているので
また、続き物の遠隔ヒーリングをすべて受けていただいたので
重複するところもあったかと思いますが
復習として、さらに理解が深まったのですね。

スピリチュアルの学びを始めたばかりの方も
実践が進んでいる方も
それなりに、その方に今必要な気付きがあるのだと思います。

取扱説明書、というのは本当に、そうであったらいいなと思って書きましたので
うれしいです。
インデックスもつけられたのですね!

7章と8章は、かなりマニアックなものになりましたので
読まれた方がどのように感じられたのか、とても気になっていたのですが
吸い込まれるように読んでいただけたとのこと、ホッとしました。

今後が楽しみになったとのこと、よかったです!
それはきっと、どうすれば自分の個性、能力が活きるかがわかったからなのかもしれませんね。
インディゴチルドレンの、それも特殊なタイプは
普通の生き方では本当にうまくいかないんですよね。
真逆の、それもこれまで親や先生、社会から教えられたこととは
まったく違うんですね。

生き方のコツがわかれば、きっとすごくスムーズになるし
益々楽しくなっていくと思います。
そして、インディゴのライトワーカーとして
生き生きと、輝いていっていただきたいと思います。
【2016/01/17 22:19】 | 本の感想 | コメント(0)
「繊細で敏感な女神たちへ」の感想
本、あっと言う間に全部読み終えました‼︎

一言で言うと、、、、
「あっぱれ☆」

です。

本当に、どの章も興味深く、聖子先生の惜しみない愛に溢れたメッセージが詰まっていました‼︎

まるで「自分のことか⁈」と言うことだらけで
自分を全て見透かされている様な不思議な気持ちと
「私だけじゃなかったんだ…」というものすごい安堵感を得ました。

正に、インディゴでエンパスな私達のバイブルです‼︎
何度も読み返させて頂きます♪

さて、私のインディゴのタイプですが…、

光の戦士と適応タイプだと思います。
また、スターピープル特殊タイプ、救世ソウル
コミュニケーションが苦手なタイプもかなり当てはまっていました‼︎

本当にインディゴの取り扱い説明書みたいですね♪
有難く、心強いです(≧∇≦)☆

その他にも男性性と女性性の統合も大変興味深い内容でした。
私の男性性もキリスト意識になるように頑張ります‼︎
そして、マリア様の女性性を常に忘れない様にして
自己犠牲ではなく本当の無条件の愛で周りの人を包む込める様な女神になりたいです‼︎

この本を通して、聖子先生はもちろん
読者の皆さんとの集合意識と一つになった気がして嬉しかったです。

例え離れていても皆んな繋がっていることを実感できました。

これからもインディゴ同士、それぞれの舞台でそれぞれが光の存在
女神の存在として活躍できるように、祈っています☆

それには毎日機嫌よく、楽しく過ごすのが大事なのですねo(^▽^)o

なんだか難しい様で、、実はとてもシンプルですね‼︎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感想ありがとうございました!

あっぱれ!と言っていただき、光栄です!
惜しみない愛を感じていただけて、こちらもうれしいです。

自己犠牲ではなく無条件の愛で周りの人を包む込める様な女神になる
ということ、本当に私たちの目指すところですよね!
だれも傷つかない、傷つけない、みんなハッピーになるという
誰かの犠牲のもとに幸せになっても、それは真の愛でも豊かさではないですからね。

この本を通して、みんな・・・集合意識と一つになれた、ということ
そんな風に感じられて、素晴らしいと思います!
アグレッシブなインディゴであるからこそだと思います。
これからはそんな若々しく生き生きした感性を持つ女神が
活躍する時だと思うのです。

共に意識を合わせて、進んでいきましょう!
【2015/12/10 09:45】 | 本の感想
「繊細で敏感な女神たちへ」の感想
本を読み終わりました。
本が届いて すぐに 読み始めた時はすぐに眠くなって
そのまま、眠ってしまったのですが
なんと次の日も その次の日も 読み始めると、抑えが効かないくらいの眠けにおそわれ
そのまま寝てしまいました。
なので、最後まで読み終わるまでに 3日掛かりました。
1度 読み終わってからも 毎日 その時に読みたい箇所を 開いて繰り返して 読んでいます。
今は、読んでいても 最初に感じたような強烈な眠気は全く無くて じっくり 読ませてもらっています。

本を はじめて 読んでいる時には、まるで自分自身の取り扱い説明書を読んでいるような気持ちでした。
あぁ、そうすれば良いのか…と とても気持ちが楽になりました。
そして、繊細さの活かし方や、繊細さは 神様からのギフトであるということが よく分かりました。
わたしも、繊細、過敏に生まれてきて、人より 色んなことを感じやすく 傷つきやすかったので
とても苦労してきました。
もっと図々しいくらいに 鈍感になれたら どんなに楽だろう…と 何度 思ったことでしょう…。

けれど、 今回、吉野さんの本を読ませていただいて 感じた事は
繊細に生まれてきたことは思ってたより悪くなかった…
人より 何倍も 色んなことを感じるという事は それだけ 人生もより味わい深く
深みのある、感動的なものになるのだな…と繊細さが、すごく有難いものに思えました。

あと、巫女について書かれた部分が とても興味深くて、ブログの方もさかのぼって
姫神のテーマの部分や 箸墓古墳のツアーの部分を読ませて貰いました。
巫女の部分を繰り返し読んでいる内に 自分も もしかして
過去生の中で巫女に関わるようなことをしていた事があったのかもしれない
という気持ちになりました。
自分自身に 関して 自分の性質や 出来事や
小さい頃から今まで感じてきた どうしてなんだろう?という説明のつかない
自分自身の癖?好み?のような物が 巫女の部分を読むと納得いくというか、
それでだったのか…という気持ちになったりしたからです。

それで、今回 吉野さんの本と出逢ったのは もしかして巫女を生きた魂が
吉野さんの中の巫女のお世話をされていた魂に強烈に引きつけられたのかな…とか
そんな妄想的なものを思いました。

わたしは、子どもの頃から、外見の髪型や服装などボーイッシュな感じで生きてきました。
繊細でしたが、女の子らしくすることに抵抗があったのです。女性が好き…というのでは、無く。
だから、結婚もして 子どもも いますが、ずっと、女性的な物や、振る舞いに対する 抵抗がありました。
女性らしくすることに 対する 恥ずかしさ、らしくないという思い込みや
男性に対する 対抗心や 嫌悪感もありました。

それがどうしてなのか、どこからやってくるのか 自分でもよくわからなかったのですが
最近になって やっと 女性らしく 振る舞うことが しっくりくるようになったところでした。
女性らしい 柔らかさや、優しさを表現することに対する 抵抗が少しずつ 無くなりつつあるのです。
吉野さんの本を読ませていただいて、より女性性を磨いて 女神として輝いて生きていくことで
男性も癒され元気になるのではないか…と気づけました。

本の最後の、アマテラスの岩戸開きのメッセージは、眩しいくらいの光を放って
あたたかく、力強く、怖がりなわたしの背中を押してくれるようです。
著者である吉野さんから、直々に本を注文し、購入できて 本当に 良かったと思います。

それから、インディゴのタイプですが
新しい女性性を創造し 謳歌するタイプ
救世ソウル
コミュニケーションが苦手なタイプ
かなぁ~と感じました。

吉野さんの本に出会えて、本当に よかった…
こんな性質を持った わたしで生まれてきたことを 肯定できるようになりつつあります。
すごく 気持ちが楽になり 癒されました。

吉野さんの長年の霊的な研究のおかげで
救われる方はたくさんいらっしゃるのだろうと思います。
これからも、ブログや、本を 楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
丁寧な感想をありがとうございます。

読ませていただき、報われるような思いがしました。
深いところで響きあうような感じです。
これはどの方の感想もそうなのですけれどね。

エネルギーに敏感ですと、文章に込められているエネルギーに反応され
それで眠くなるのだと思います。
前著の時もそうおっしゃった方は多々いらっしゃいました。

巫女の魂の目覚めがあったようですね。
素晴らしいと思います。
よりはっきりとご自身のことが理解でき、深い喜び、満足感が得られるのではないか
と思います。
それは魂を輝かせて生きることができるからです。

女性性のことに関しても、お知らせくださってありがとうございます。
私もこのテーマを最初に受け取ったとき、面食らうような思いだったのですが
意識してそうするようにして来たら、慣れとは面白いもので
今は違和感なく、女性らしいふるまい(←それなりですが(笑))ができるようになりました。

女性として生まれてきたからには、最大限に魂を輝かせて生きるために
やはり女性であることを喜び、楽しむことだと思うのです。

これからもまた、精進してまいりますので
応援していただけたら幸いです。
【2015/12/09 22:29】 | 本の感想
「繊細で敏感な女神たちへ」の感想
本、送ってくださりありがとうございました。

もっと早くにお礼を伝えたいと思ったのですが、
なかなか言葉にならなくて…遅くなり申し訳ありません。

本を読んで色々感じること、湧き上がるものがありました。
読み始めて私の感覚はおかしくない。
個性なんだ。
ととても安心しました。
自分の個性を少し受け入れることができたような気がします。

読み進めているうちに
今までどれだけ自分犠牲をしてきたのか、それに対する怒り。
その報われなかった虚しさ。
今まで自分を粗末にしてきた苛立ち。
自分の言いたいことを抑えてきた後悔。
なんとも言えない感情が出てきました。

インディゴのタイプも色々あり、わかりやすく説明して下さったので、
タイプも複数もっていることがわかりました。
今までよく生きてきたなぁと褒めたくなりました。
これからはもっと自分を大切にしていきたいと思います。
おかげさまで色々と気持ちの変化を味わうことができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感想をありがとうございます。
本を読んでくださった方の多くが、なかなか言葉にならない
とおっしゃいます。
そんな中感想を送ってくださって、ありがとうございます。

書いてくださったこと、まさに、私が願っていたことです。
そんな風に湧き上がって、そして手放すことができれば
という思いを込めて書いていきました。

今まで自己犠牲をたくさんしてこられて
良かれと信じて行ってきたのに、報われないどころか
時には逆の、嫌な思いもされてきたかもしれません。

それらの思い、経験は決して無駄ではありません。
女神として生きる上での、霊的学びの通過点のようなものなのです。
それがあったからこそ、次の光のステージに行ける
と、そうご理解ください。

これからは、真逆の生き方をして
周りから大切にされ、楽しく自由に生きて行きましょう。



【2015/12/09 22:11】 | 本の感想
next→
光の体験集


マザーヒーリング☆愛の泉☆ でヒーリングを受けられた方の体験談です☆

プロフィール

ainoizumi

Author:ainoizumi
インディゴチルドレン専門のヒーリングルーム、☆マザーヒーリング愛の泉☆です。
こちらはヒーリングセッションを受けられた方の体験集になっています。
どうぞよろしくお願いします☆


お問い合わせはHPのメールフォームからどうぞ。

☆マザーヒーリング 愛の泉☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。