スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「救世ソウルを癒す一斉遠隔ヒーリング」感想
昨日は「救世ソウルを癒す一斉遠隔ヒーリング」をありがとうございました。

今回は申込みの経緯でも少しお話ししたように、
前回の一斉遠隔の時程には自分に当てはまる感じはなくて、
吉野先生のヒーリングを久しぶりに受けたい(そろそろ受けなきゃ)
という信頼感の方が大きい感じでした。

やはり私はインディゴソウルなんだと思うし、
条件に書かれていた項目に共感するところはあって、
受けた方が後々更に癒しが進むと感じました。

後やはり、前回の一連の一斉遠隔ヒーリングのパワーの効果が絶大で
受けた時にダイレクトに、又、終わってから時間をかけてじわじわと
昨年一年間を辛抱強く一斉遠隔を受けながら過ごした結果、
今、自分の女性性がすごく中心に座って寛げる様になり
男性性は後ろに控えて見守ってくれてる様に(笑)なりました。
こんな日が来るなんて自分でも信じられません。

そして多分、男性性・女性性の統合シリーズの一斉遠隔を受けた事で
私の中の今回の一斉遠隔のテーマである『救世ソウル』の意識も
相当癒されたのだと思うんです。それを強く感じます。
もし受けてなかったら、未だに自己犠牲の性質がなかなか取れていなかったと思います。

それでもこれは生来の自分の正義感の強い性格なのか分かりませんが
不正が許せない、思いやりに欠ける自分勝手な礼儀に欠ける行動を
はらわた煮えくり返る程に憤りを感じること
罪人を探し出そうとは思っていないんですけど罪人に敏感と言うか、
何でそんな行動が出来るのか信じられない
裁き人の気持ちにそんな時すぐさまなってしまって
人間はみんなそれぞれ良さがあって素晴らしいと思っているのに
そう一度思ってしまうと一発で私の裁き人が発動して(^_^;
そういう人を軽蔑というシャットアウトで締め出します。
そしてそうする事で自分がすごく消耗します。
又、そういう厳しさがまた一層裁きをせざるを得ない人を自分で引き寄せてる気もしてました。

自分がもっと楽しくリラックスして平和に生きる為にも
やはり今回の一斉遠隔は必要なのかなと心の奥底で呼ぶものがあって
滑り込みで申込みをさせて頂きました。

コールインの時間に遠隔のエネルギーに身を委ねたのですが
やはり以前程に強く何かを感じる事はありませんでした。
前は号泣したり色んなイメージが浮かんだりしたのに。
三十分経って先生から報告メールが届いてそれを読んでも
「なるほど、」と興味深く読み、眠かったのでその日はそのまま就寝しました。

翌朝、いつもとあまり変わりなく過ごし
何を今回の一斉遠隔で私は頂いたのだろう、何も感じないまま終わるのだろうか
と不安に思いながら毎朝行っているレイキの12ポジションと瞑想をした時、

いつも瞑想中は色んなイメージが浮かぶのですが
ふと、空を仰いでいる、その空の青が浮かんで
キリストが十字架に磔にされてるそのイエス様の顔が浮かんで
その途端泣いてしまっていました。

それでキリストの思いに寄り添ってみようと
瞑想と意思した意識と両方が混ざった感じでイエス様の行動を思い返しました。
先生のレポートの中のキリスト意識のことを書いた部分に
同情というか、憐れみ慰めたい、普通に誰かが悲しんでたら
話を聞いて慰める様な感覚で(友達みたいですけど(^_^;
偉そうですけどただ、本や話で聞いたキリストの逸話のイメージを反復して
十字架を背負って砂漠の丘を歩いた時のイエス様の気持ちを想像し
「どれだけ苦しかったか。」、磔にされた時何を思ったのだろう、
茨の冠が頭にあって痛かっただろう、何を思って空を見てたのだろう、
また、最後の晩餐みたいなイメージで、一方で弟子や友人みたいな周りに仲間がいて
一緒に食事をした時は幸せだったんじゃないかと、幸せな時のイメージも浮かんだり、
私は妄想が強いところがあるので(^_^;勝手に話を作ってしまってるかもしれないけど
色々浮かんでは、「イエス様、ありがとうございます。」と感謝しました。
そしてたくさん涙が溢れていました。

瞑想の時間を終えて、改めて報告メールを読み返し
昨夜より全然入ってくる感じが違っていて
今度は理解や気づきに私のハートが反応をしてるように感じました。

まだ全てが染み渡るところまでではないのですが
多分自分の癒しであると共に「キリスト」という他人の癒し
二人分の気持ちに思いを馳せるという今までとは異なるステージに来た
(以前はそれどころではなかった。自分の傷を癒す事で精一杯)
それが頑張ればやれない事はない、皆んなでワークできるところまで来たのだなと感慨深く思いました。

特に印象に残ったのが「救世主一人が背負うのではない。人々が個々におのおの神との関係で」
という部分でした。
その通りだなぁと感じます。

ちょっと今までで一番すぐには分からない
繰り返しメールや先生のブログを読み理解が深まるのを
まだまだ待つ必要があるのかなという今回のテーマでした。

でも、やっぱり受けて本当に良かったです。
今回得たエネルギーを大切に自分の中で育みながらコツコツ努力をしていきたいと思います。

ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらこそ、ご参加くださりありがとうございます。
そしていつも熱い感想をありがとうございます。

私の中にもあるキリスト意識が、共感をしていただいて
喜んで、癒されていくのを感じました。

感想を読んで感じたんですけれど
正しいか間違っているかではなく
寄り添ってもらって、共感してもらうことが
最も癒されることなのだなと。

正しいかどうかは、その後、落ち着いた心で自分で判断すること。
そうやって人は癒され、成長していくんだろうな、と思いました。

キリストだって、その当時は肉体を持った人間だったわけですから
神のように振る舞いつつも、身に覚えのない罪を着せられて
民衆の救済のために死んでいくのは、無念だったと思うのです。
それが、この、2000年も経って現代を生きる私たちの意識の中にも
大きな影響を与えているということに驚くとともに
それを手放し、より進化した愛へと進んでいくために
こうして一緒に学べることが、何より素晴らしいことだなって
思いました。

神と自分との関係
両方向からの癒し
共に成長していくこと

そんなことをいただいた感想から感じました。

またよろしければお付き合いください。
スポンサーサイト
【2016/02/10 18:04】 | ヒーリング体験記
光の体験集


マザーヒーリング☆愛の泉☆ でヒーリングを受けられた方の体験談です☆

プロフィール

ainoizumi

Author:ainoizumi
インディゴチルドレン専門のヒーリングルーム、☆マザーヒーリング愛の泉☆です。
こちらはヒーリングセッションを受けられた方の体験集になっています。
どうぞよろしくお願いします☆


お問い合わせはHPのメールフォームからどうぞ。

☆マザーヒーリング 愛の泉☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。