ヒーリングセッションを受けて

先日のセッションの感想です。

リーディングの内容は、今の自分、この年齢、光の時期ではない、影の時間を過ごしている今だからこそ、素直に納得して受け入れられたように思います。


光の時期の自分が、今回のヒーリングを受けていたら、きっと生意気にも反発し、反論していた事でしょう。
若さゆえ、10代、20代の勢いやパワーに任せて、わかりやすい強さを誇示したい衝動を、抑え切れなかったと簡単に推測します。

女性は、よく月に例えられます。
西洋占星術でも、女性は月です。
学生時代、担任の先生から私は、クラスの太陽だといつも言われて、クラス、時には、ひと学年ごとまとめ上げ、引っ張るリーダーとして任されていました。
単純に嬉しく、やりがいもあり能動的に活動するのが喜びでした。

行きたい所があれば行き、食べたいものがあるなら食べ、着たい服があれば着る。
光の時代は、スーパーマリオがスターのような状態で無敵でした。

しかし、2007年からあれよあれよと言う間に一気に、光から影の時代に移行していきました。
今まで身につけた得意技が全く効き目がなく、空回りする日々…焦り続けました。
朝から晩までくたくたになって働いて、帰りの終電にも座れずに吊革を持ちながら、電車の車窓に映った自分の目が死んだ魚のようでした。

変化のない地味な日々に苛立ちを隠せずに過去の栄光にしがみつき、孤独さゆえに昔の人間関係にもしがみつくしかなかった時期も正直ありました。

孤独、排他、焦燥、苛立ち、闇、狡猾、弱小、不安、憎しみ…様々な感情と向き合わざるを得ない状況下に自分が置かれ、元気で明るい自分からの撤退を余儀なくされ落ち込みました。

人に会いたくない、拗ねる、攻撃的になる、生理前に感情を爆発させ、その後号泣したりと
これまで無意識に抑えてきたありとあらゆる感情が、時空を超えて滲み出てきたのもあったのだと思います。

しかしながら、今年、影の時代10年目を迎えて、気がついた事もありました。
光の時代、無敵のスーパーマリオの時代には見えなかった視点を得ている自分に、はっと自分で気がついたのです。

毎日目が覚めると空を見上げ、太陽の輝きや雲の流れをぼけ~っとしながら眺めること
収穫した梅を干し、自分で料理本とにらめっこしながら人生で初めて、梅干しと梅ジュース、梅ジャムを作って皆んなに振る舞ったこと
気がすむまで何もせず昼寝する喜び

蛍の揺らめきに心奪われながらの夕涼み
畑で採れた野菜を使って、カレーやてんぷらを料理して食べる喜び
雀、鳩、烏、燕、蝉が窓越しに毎朝頼んでないのに、早朝から無理やり起こしに来てくれる有難さ

人間らしい五感が冴え渡る日常を生きている自分
30代なのに、未だに大学生に間違えられる程心身共に若さを取り戻す事が出来た
影の時代、時間の正に恩恵を享受させてもらっているんだなあとしみじみ感慨深く感じます。

自分の弱さ、汚さ、ズルさ、怠惰さ等を今までなら人に知られたり、悟られたりするのが怖く嫌でした。
今の私は、ありのまま吉野先生にみて頂こうと思えたので、今回の絶妙なタイミングで清水の舞台からぴょ~~ぉんと飛び降り、大冒険出来たのだと思います。

メールさせてもらった時には、久しぶりに緊張しました。
電話する時も、正直勇気を振り絞りました。
直接お話出来、吉野先生のお声を聞かせてもらい感無量です。
今後の生活、人生の良きターニングポイントになりました。

先月の新月の願いに、ハワイへ旅行する事と、吉野先生のヒーリングを受ける事の2項目を手帳に書いておりました。
今日の時点で、2つ共叶いました。
純粋に嬉しいです。

様々な分野において、マニアック過ぎる自分を楽しんでいきたいと思います。

リオオリンピックの開会式で、Celebrate Difference

違いを祝福しよう、という言葉が大変印象的でした。
普通の人生を送る人達との比較から卒業したいです。

大袈裟ですが、吉野先生と同じ時代に同じ日本という国に生まれる事が出来て幸せです。
本当にありがとうございましたo(^_-)O

自暴自棄になりがちでしたが、また明日からマイペースでゆっくりぼちぼち歩んでいきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いただいた感想が、インディゴチルドレンとして覚醒した

明るく強いパワーに満ちていて

ぜひこれは他の方にも読んでいただきたい

インディゴチルドレンに向けてのメッセージとして

いただきたいと思いました。

掲載を快諾いただきありがとうございました。


私の気づきとセッションの内容は

日々シンクロしながら進んでいるのですが

この時も数日前から、「光と影」という言葉が浮かんでいました。

そして、この日のリーディングのテーマが

「光と影」なのでした。


人はみな、光の時期・・・物事がうまく行くこと

自分が他者の中心になって動いていけることなどを

よいこととして、それを目指していますが

霊的に見ると、意外にも

影の時期が霊的な成長や進化を促しているのです。


植物に例えると、茎や葉や花よりも

まずは根っこを伸ばし、這わすこと

というとわかりやすいでしょうか。

根っこが伸びているときは、上の方にはあまり変化はなく

目に見える成果は見えていません。

そのために、この人生において自分が周りから

取り残されているような感覚に陥ります。


でも、インディゴチルドレンの進化の過程として

この影の時代を腐らず淡々と過ごし

来るべき光の時代のために備えていることが重要なのです。

この影の時代をどう過ごすかで、その後の人生が違ってきます。


私の言葉よりも、実際に体験された

年代が近い方の言葉の方がきっと響くかと思います。

どうぞ、みなさんもご自分のことと重ねて感じてみてください。




スポンサーサイト
【2016/08/12 15:46】 | ヒーリング体験記
光の体験集


マザーヒーリング☆愛の泉☆ でヒーリングを受けられた方の体験談です☆

プロフィール

ainoizumi

Author:ainoizumi
インディゴチルドレン専門のヒーリングルーム、☆マザーヒーリング愛の泉☆です。
こちらはヒーリングセッションを受けられた方の体験集になっています。
どうぞよろしくお願いします☆


お問い合わせはHPのメールフォームからどうぞ。

☆マザーヒーリング 愛の泉☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する